アトピー性皮膚炎の原因と改善|アトピー克服のサポート|アトポス




抗生剤投与経験がある5ヶ月の娘について質問です

よくある質問生後1ヶ月で高熱にて入院、抗生剤投与経験あります。 2週間前に公園から帰宅後、目の周りが真っ赤になり、ひどい痒 みを発症しました。その後、顔全体~耳、耳の後ろへ広が り、胸の痒みから現在は体全体に広がっております。就寝前 は特に全身泣きながら痒がります。夜間は痒がらず就寝しています。

続きを読む▽
 

医師の指導のもと、保湿しない、入浴しない治療を試みまし たが、痒みが収まらず肌がガサガサで改善の兆候が見られな いため、2ヶ月で挫折しました。 現在は入浴後に保湿剤を塗布しています。
先日、推奨3点セットを購入しました。七海という商品は、5ヶ月の 子どもには一日何滴が目安でしょうか。
また、どのくらいで効果は現れるのでしょうか。目安を伺っ ておきますと励みになります。
痒みに関してはどのように対応したら宜しいでしょうか。 その他、アドバイスをいただけると幸いです。

閉じる△

よくある質問 生後間もないお子様の痒がる行為を目の当りにして、心臓が張り裂けそうな思いとお察しいたします。しかし、お子様は生きるために一生懸命に最善の行動をとり現在進行しています。見た目の症状は、病的と感じるでしょうが、実は病気でも何でもありません。逆に生命力が強いことで起きている症状なのです。

続きを読む▽
 

今の症状の根源は、通常普通分娩であればお母様のアトピー症状による腸管内、皮膚の条件が出産環境で、免疫条件整備できないことがありますが、今回は帝王切開であり産道を通過しておりませんので、乳首の状況、生後1ヶ月時発生した高熱による抗生剤投与により、腸管内の雑菌やウイルス、有用菌群も同時に排除したことから、腸管内の粘膜構成を行っている有用菌群の減少で正常構成が出来なくなり、また母親からの母乳やミルク摂取においても、たんぱく質をアミノ酸への正常分解が出来なくなることで、中間物質が隙間の開いた粘膜から侵入し、異物感知し肝臓からの排除を行います。しかし、赤ちゃんは生きるためには、連続摂取が必要となりますが、異物排除している肝臓機能が低下しやがてリンパラインへオーバーフローさせ、第3の排泄器官「皮膚」に痒み感知させ排泄させているのです。この原因で今の症状が起きているのです。

ということは、この根源となる腸管内の条件整備をすることが、改善の第一条件となるのです。このことを知らない藤澤先生、佐藤健二先生たちの脱ステ推進グループは、闇雲にステロイド離脱させ、脱入浴、脱保湿しますが、その根源解決が出来ないために予定通りの進行とはならないのです。といっても、その処置によっての改善メカニズムを理解していないためにシュミレーションも出来ないのです。すべてが理解できていれば、この先どのような状況で悪化し、改善してゆくということも簡単にわかるのです。しかし、重要なブラックボックスを軽視するためにこの解決の確率が悪くなるのです。といっても、彼らはいろいろな情報公開を行い、ステロイド拒否を時流に商売していることも見えています。

話を戻しますが、腸管内の整備をすることで、母乳・ミルクの正常分解をさせ、腸管粘膜の正常化によって中間物質を侵入させない構造が出来上がれば、肝臓からの異物排泄は起きませんし、肝臓機能活性に必要な成分も腸管から産生され、皮膚への影響はなくなります。腸管内には、100種類以上、100兆個以上の乳酸菌を含む腸内細菌が生息し、宿主(人間)が正常に働くように、少しの食材から3000種類以上の成分を作り上げ、24時間休みなく働いています。すべてといってよい病気や寿命に関与していることになります。年齢より若く見えるか否かも、この菌のバランスによるものといわれます。当方の開発乳酸菌は、これらのことをすべて考慮し、皆さんが購入できる料金で最高といわれる菌種類、菌数をベースに、出来るだけ早く正常構成できるようにアトピー対策用人由来特殊乳酸菌を開発し、20数年前から多くのアトピーっ子を克服へ導いています。自己満足の売れればよいという商材ではないと自負しています。

また、その研究の中でも重要視しているのは、皮膚に棲息する有用皮膚常在菌が、皮膚構造に必須であることもスタート時の20数年前から訴えていますが、多くの医者は信じることをしません。知ろうとしないのです。いや、知らないのです。だから、保湿剤やステロイド剤を処方して、外部からの異物侵入だけを阻止すれば改善するとしか思っていないのです。これら有用皮膚常在菌は、外部からの異物(雑菌やウイルス。ダスト等)が体内へ侵入しないように、棲息できないようにph5を維持し、中性の雑菌群やウイルスが侵入棲息できないようにして、この雑菌社会で生きられるようになっているのです。常にアタックされる環境であれば、無菌室で生活しなければならなくなります。

今現在、お子様の状況はアタックし続けられています。腸管内からの異物侵入と空気中の雑菌群からのアタックにより、体免疫は多忙となり、多くの異物侵入路に白血球配備となりますので、免疫過剰といわれるアトピー性皮膚炎となっているのです。皮膚の赤い部位は、異物が侵入する恐れのある部位となります。その部位を正常な条件を持って整備することが重要ですが、この皮膚常在菌を意識することなく、ph7の中性の油脂系保湿剤を「副作用はありません」と簡単に処方することが、この症状のスタートとなっているのです。当方の考えからすると、ステロイド剤(基材はワセリンか軟膏)はもちろんのこと、保湿剤においても悪化の要因と位置づけています。症状部位のピンポイントで処置すれば最小限の悪化に食い止められますが、多くの方は、その症状部位を含め周囲の正常部位まで塗布し、ph7の中性にさせ、ph5の弱酸性で生きる皮膚を守る有用皮膚常在菌が異常減少することで症状範囲は一気に拡大することになるのです。

上記のことの2点は、有用菌の減少によるものですね。そうなんです、体の外部、異物と接している部位はすべて有用菌で覆われ、そしてその表面はすべて弱酸性となっているのです。ph7の中性で生きる雑菌群やウイルス群から身を守るための条件となっているのです。このことから、腸管内部も外部となるのです。口と肛門を持ってひっくり返す(出来ませんが)と腸管は皮膚となり、皮膚は腸管となるのです。その他、産道も鼻も目も口も耳も外部と接する部位はすべて粘膜に覆われ、有用菌が棲息し異物侵入を阻止しています。この粘膜の崩れが花粉症であり結膜炎であり口内炎であり膣炎なのです。膣(産道)には、乳酸菌が配備されており、出産時に無菌状態の胎児へ菌の移譲を行い免疫が保持されるのです。帝王切開だと、産婦人科や出産場所によって差が出ます。体内から急激にこの社会へ出てくることで、免疫構成がされず離間率が高くなることも確認されます。今回の1ヶ月でのウイルス感染もこのことが予想され、帝王切開出産のお子様の早期罹患が多く報告されます。その処置には必ず抗生剤処置となり、腸管内の乳酸菌群も異常減少することから今回の発症予想が出来ます。分岐点で維持していた状況から、2月26日の環境が引き金となって、痒みストレスも追い討ちをかけ、体内に大量の活性酸素が発生することで抗生剤投与と同様の環境が作られました。活性酸素は、抗生剤と同様作用があります。

あともう一つ、これら痒みの連続で活性酸素が連続で発生してきますので、腸管内も皮膚表面細胞にも、さらに状況が悪化するとともに、生きるために重要な体内の微量元素も活性酸素のよって減少してきますので、定期的に摂取し安定した環境つくりが必要となります。お子様に必要な量は、体重X3%リットルとなりますので、お子様は体重6.5Kgなので、6.5X3%=約200mlとなり、2~3滴が必要となります。もし、完全母乳であり、湯冷ましも摂取していないのであれば、離乳食時期か湯冷まし摂取できる時期からの摂取で結構です。母乳には、それに対応する多くのミネラルが含まれていますので、そのように指導しています。この事によって改善することはありませんが、重要なポイントでもあります。活性酸素を排除するために多くのマグネシウムは異常に減少してゆきます。ただ、だからといってマグネシウムのみを摂取することはとても危険なので全体ミネラルで摂取することが必要です。

上記のことは、あくまでも物理処置となり、全体克服の30~40%のシェアと認識しています。あとの60~70%は、自然との同化、ご両親の意識が重要と判断して指導しています。モノだけで改善するのであれば誰も苦しむ方などいません。それには、この症状理論や克服理論を会得すること、そのための行動、意識が大きく左右することになります。特にお子様と母親は一本の糸で結ばれています。すでに13ヶ月間、共に生きていますので、母親の重要性を意識して、いや、母親がいなければ生きてゆけないこともしっかりと理解しているのです。母親が悲しければ自分も悲しくストレスとなり、母親が明るく元気であれば自分も勇気が出るのです。どんな苦労も乗り越えられるのです。母親の明るく元気な行動で安心でき、ストレスも少なくなり母親のそばではいつも安心できることで、徐々に改善ヘ向かうことになるのです。そのためには、その母親をサポートする父親の理論理解と意識と母親へのサポート行動が重要となります。私は、この事からご両親が一緒にこのことに立ち向かわなければ解決はないと、、、、父親の意識と行動がお子様克服の鍵になると思っています。また、義理、実のご両親と同居の場合も同様のことが言えますし、近所にいても必ず理解させることも克服の条件と思っています。

克服のシュミレーションですね、、、お医者様はこの根本的なことが理解できていませんので、表示できないでしょうが、大方のことであれば表示することが出来ます。本当であればお会いして、どんなご両親か、確認していませんし、お子様の症状写真を見ておりませんので何ともいえませんが、最終目標克服時期は来年の8月です。しかし、この期間厳しいわけではありません。ステロイド剤の処方はありませんが、基礎条件整備は一切出来ておりませんので、整備までに掛かる3~6ヶ月の期間は厳しいと思われます。ここを通過できれば、腸管内からの侵入はないということになりますので、内面的な何ともいえない異常な痒みはなくなります。あとは、皮膚表面からの侵入阻止による痒みのみとなりますので、お子様本人も苦しみは少なくなりますし、笑顔も多くなるでしょう。

閉じる△

アトピー性皮膚炎の原因と改善|アトピー克服のサポート

私たちはアトピーの根源を発見し完全克服までサポートいたします

これ、本当に乳児湿疹?

どうしてウチの子だけ、
こんな辛い目に……。

ピカピカの笑顔を期待したご両親は、
なかなか治らない我が子の湿疹、
そして小さな手で懸命に掻きむしる
姿を見てそう思うのです。



生後まもなくから我が子の顔や体に
湿疹が広がり出すと、大抵のご両親
は驚き、すぐに治してあげたい
一心で小児科や皮膚科に走り込みます。

すると大半の医師は、
「よくある乳児湿疹です。清潔にして、
良くなるまでこれを塗ってください」と、
湿疹をちょっと見ただけの診察で、
ステロイド剤と保湿剤を処方
します。
医師の指示通りにステロイド剤を
塗ると確かに翌日からみるみる改善し、
ホッとしたのも束の間、
塗るのを止めた途端に悪化します。



不安になって病院を再受診するも、
「まだ生まれたばかりですから、
アトピーやアレルギーであるかは
判断できません。
重傷にならないよう、もうしばらく
薬でコントロールしていきましょう」
と、うやむやのままステロイド剤の
詳しい塗り方などを指導するだけ。

そして医師の言う通りに治療を
続けた結果、お子様の症状は良くなる
どころか、徐々に悪化していくのです。

健康にまっさらに生まれてきたはずのお子様が、
なぜこのような原因不明の湿疹や痒みに
悩ませられるのでしょうか。
医師の言うように「乳児にはよくあること」
で済まされることなのでしょうか。

確かに

生後1年未満の間は初めての季節を
体験することで、一時的に湿疹や発赤、浸潤
という症状が出る

ことはありますが、
それらは長期の薬剤使用や過度な
スキンケアなどをしない限り、
時間とともに自然に解消していきます。
けれども最近は、どんな療法を試しても、 スキンケアを工夫しても、
アレルゲン除去をしても、
一向に良くならないどころか悪化していく
いわゆる 乳児アトピー が急増しているのです。

4人に1人の赤ちゃんがアトピーの時代。

50年前の日本にはなかったアトピー性皮膚炎。
それを増大させた要因のひとつは、
昭和30年代に登場したステロイド剤です。

この薬を少しの湿疹や怪我に乱用した結果、
幼児~成人間でアトピーは広がり、
大きな社会問題にまで発展しました。
(このステロイド剤については後述します)

しかしその陰では、生まれてまもない乳児の
アトピーもまた急増していたのです。

この乳児アトピーは、少子化が騒がれ始めた頃から
徐々に確認されるようになり、
2016年現在では、日本で生まれる
赤ちゃんの4人に1人が、
生後1~2ヶ月で発症している という異常事態です。

なぜ、ここまで急増したのでしょうか。

医師たちの間では「遺伝」という
結論のようですが、ではどうして
アレルギーのないご両親からも
アトピーの子が生まれるのでしょう。

そう……実は、
乳児アトピーが急増した最大の要因は、
遺伝でも遺伝子の突然変異でもありません。



出産時、産道で母から子への免疫移譲が
正常に行われなかった

ことにあるのです。

このメカニズムを理解することは克服する際に
大変重要ですので、後ほど詳しくご説明
いたしますが、簡潔に言いますと、
免疫移譲とは、産道に棲息する有用菌の移譲です。
産道で受けた有用菌は、赤ちゃんの口を介して
胃腸管へ移動し腸管での免疫構成を確立させ、
また食材を分解吸収するためにも重要

な働きをします。

この有用菌移譲が何かによって妨げられ、正常に
行われなければ、母乳やミルクで摂取する
タンパク質を腸管で分解できず、中間物質で
体内へ侵入することで体が異物と判断
します。

そしてそれら異物が肝臓で処理しきれなくなると、
柔らかい皮膚部位に痒みを感知させて掻き破り、
皮膚から異物の排泄を行う ようになります。
つまり乳児のアトピー性皮膚炎もまた、
後天的な要因によって免疫異常を起こした
結果、発症するのです。

産前産後の処置が、乳児アトピーの最大要因。

私たちアトポスは、アトピーを発症したお子様の
親御さんを対象に数年間の聞き取り調査を行い、
この事実に辿り着きました。

最近の大半の産婦人科では、
出産前に産道の菌検査を行い、
陽性であれば膣抗生剤の処置
をします。
これが、大きな問題なのです。
先述の通り、産道の有用菌群が免疫の正常化には重要なのですが、
雑菌排除のために使用される抗生剤によって、
雑菌と一緒に有用菌群も大きく減少し、
出産時の免疫移譲が十分に行われなくなる
のです。
重篤な感染症を防ぐ名目でこの処置は行われて
いますが、一般的な雑菌であれば仮に感染して
生まれても胎便で自力排泄できますから、
赤ちゃんにとっては百害あって一利無しの
危険な処置です。

しかし出産件数が減っているこの時代、
産婦人科にとっては格好の収入源です。

危険な菌ならともかく、それほど心配のない菌であっても
徹底して排除します。

少子化の加速と共に乳児アトピーが急増したのには、
実はこういった背景があるのです。

また、膣抗生剤以外の処置でもアトピーを稀に
発症させてしまう場合
があります。 ひとつは 帝王切開 です。

これは産道そのものを通らない出産 となるため、
出産環境によっては膣抗生剤と同様の
リスクを伴います。
やむを得ない場合はともかく、安易な理由で
選ぶべき手段ではありません。

他にも、 母親がアトピー性皮膚炎であった場合や、
風邪などで抗生剤を使用した場合、
妊娠中の無性交渉 の場合なども、
産道内の菌バランスの乱れ に繋がってきますので
アトピー発症の要因となり得ますが、
これらは産前対策が可能です。(後述します)
さらに出産後においても、
赤ちゃんへの抗生剤処置、黄疸診断による
紫外線照射治療、1ヶ月健診後の薬物投与

などによって、
赤ちゃん自身の腸管および皮膚に棲息する
有用菌が減少した結果、発症
する場合も多く確認しています。

本来赤ちゃんは、自力で生まれてきたのであれば、
自力で解決するすべを得ています。
しかし医師は検査数値だけですべてを決め、
母子にごく僅かな不安要因を見つけると、
すぐさま薬剤などで排除してしまいます。
その結果、 赤ちゃんの大切な免疫バランスが崩れ、
ちょっとしたことでも自力解決できない体

となってしまうのです。
母子の命を守るため致し方ない処置も
当然ながらありますが、
もっと深く考えるべき大切な部分
を担っていることを、
産婦人科医たちは自覚しなければいけません。

彼らの責任は重大なのです。



医師では、アトピーを治せません。
以上の経緯で乳児の
アトピー性皮膚炎は急増しているのですが、
未だに国や皮膚科学会のガイドラインでは、
スキンケアとアレルゲン除去と薬物治療
です。
特に薬物治療においては結果も理論も
全く逆方向へと進みます。
当方へ相談された方々の中にも、
長期的な薬物使用によって
自然治癒力を失い、
終わることの無い症状に気力も失せ、
人生を台無しにするほどの厳しい環境を
余儀なくされていた方が
数多くいらっしゃいました。

そして、この
アトピー性皮膚炎は毎年急速に増え続け
数年前の700万人から現在では1000万人

(内、約300万人は成人アトピー)を突破
しています。

当方でアトピー研究を始めたこの20年間、
多くの方々の相談内容から嫌というほど、
医師の心無い対応を耳にしてきました。

だからこそ、一人でも多くの赤ちゃんと
そのご家族の苦しみを癒せるよう、
一人一人の症状と向き合い
本当の克服法をお伝えし、
完全克服までのサポート

を微力ながら続けております。
当サイトによってアトピー性皮膚炎の原因を理解し、
ご自身で改善できる術を身に付け、
心身ともに明るい社会を作り出す一員と
なっていただきたいと願っています。

→アトピー完全克服法(生後まもなく発症)
→アトピー完全克服法(1~2歳発症)
→アトピー完全克服法(3歳~第二次性徴期発症)
→アトピー完全克服法(第二次性徴~成人発症)

↑ PAGE TOP

PAGE TOP ▲