アトピー性皮膚炎と乳酸菌(腸内細菌)について

L-92乳酸菌 今度は敏感(アトピー含む)対応だと


<2014-1-21 の全面広告>
また全面広告・・・これで何回目なんだろう、最低10回は全面全国打ち。

アトピー広告が何処か(皮膚科学会等々)の逆鱗に触れたのか、今度は敏感な日本人への対応に。

何でも効果がありそうな「L-92乳酸菌の優れた成分」といいつつも、何の成分が産生するのか表示されていないし、

「愛用者から喜びの声が次ぐ次に届いて」
「体の中から強くする乳酸菌と抽象的」
「乳酸菌の働きは種類で違 う」
「立派な研究所がある」
「もう90年もやっている」
「もう300万個販売・・・40万人に」
と云々。

自画自賛はいいけど、、、、何で効果がある、どんなメカニズムなんだ、敏感肌にはここに 作用するから敏感肌にいいんだ!・・等々、誰も理解できない。もう、認知されているか ら?あまり効果的なことを掲載すると学会からのクレームが来るの?

大方の計算すると、もう既に新聞広告だけで10回として3億円・・約30億円。本当に3
00万個販売したとして1個当たり3000円計算で、、、え、、、え、、何と90億円の売
上げ
・・・すごい!

30億円プラス原価計算すると40%で66億円・・・ということは、既に24億円のプラスとなっている。40万人のリスト・・・本当かなぁ? 話半分として、150万個とすれば45億円だから、、、、原価48億円だから現在マイナス3億円。しかし、これからは黒字転換になることは間違いない。


乳酸菌の時代となるからね。


そして、見た目は安いから・・・結果的には高くなるんだけど・・・。

おまけにサポートがないという問題は、次に出てくる乳酸菌業者には勝てなくなるし、、、
永久に続けなければならない。こんな冒険なんでするんだろうねぇ、、、勝算ありって、誰のコンサルなの?

<アトピー関連BLOG広告>  




さらに凄いのは、FACEBOOK・BLOG・知恵袋のアトピー関連いは全て広告されているので、恐ろしいほどの検索が起きること でしょう。


入り口は新聞広告から検索して多くの方々が 摂取するのでしょうが、、、、直ぐに効果のない乳酸菌は、サポートがなければ継続は出来ないのですが、、、、いろいろと検索してもそれに対応できる条件とはなっていないですね。
あのアレルギー団体では対応できないでしょう。結果的にステロイド剤ですもの。


<yahoo アトピー関連知恵袋広告>
 

やっぱ、誰が考えても最高級の乳酸菌は「オーダー乳酸菌」
次に4択の「血液型別乳酸菌」の順でしょうね。
それも植物性でも動物性でもないし、、、人由来で1g1兆個、菌種類も象徴大腸での重要菌を選択している配合は他の乳酸菌では見当たりませんからね。

って、結果的には批判となりましたが、、、、、事実ですからね。

でも、、、いいのかなぁ、こんなやり方。

<アレルケアBLOG広告>

批判してても掲載される不思議

→アトピー完全克服法(生後まもなく発症)
→アトピー完全克服法(1~2歳発症)
→アトピー完全克服法(3歳~第二次性徴期発症)
→アトピー完全克服法(第二次性徴~成人発症)

↑ PAGE TOP